最新録音への期待
expectations of new disc, 1999


Maurizio Pollini
ドビュッシー 前奏曲集第一巻、喜びの島
1993年4月22日、東京文化会館で聞いたポリーニによるドビュッシーの練習曲集は、私の今までのあらゆる音楽体験においても、最高の宝となっている。あの演奏の衝撃は忘れられない。今振り返っても非常に新鮮であり、そのときのポリーニの演奏は克明に覚えている。その年の暮れには、練習曲集がCDとなり、常に保たれた極限状態での緊張感、究極的完璧を追求した造形の美しさに、そのときはじめて、頂点の演奏というものを知ったように思う。
私が聞いた演奏会では、アンコールとして前奏曲集第一巻より「西風の見たもの」が演奏された。圧倒的に立体的な音色とダイナミックな表現、そして音楽が発散する迫力の壮絶さを体で受けとめ、とにかくその演奏は見事なものだった。もっと以前にもポリーニは、前奏曲集第一巻から何曲かを選びだして演奏していたようなのだが、まもなく前奏曲集第一巻の全曲が一枚のレコードとしてまとめられるらしい。非常に楽しみである。ドビュッシーの前奏曲集は、ずいぶん以前から私の最も好きな作品で、いろいろな演奏を聞いている。少し古くはアルトゥーロ・ベネデッティ=ミケランジェリによる究極の名演奏があり、最近もミシェル・ベロフやゾルターン・コチシュの演奏は特に素晴らしかった。そしてここにポリーニによる演奏が登場するならば、私の喜びはさらに広がるのである。私はポリーニの演奏するドビュッシーが非常に好きであり、そういう意味では、今回はじめて聞くことになるであろう「喜びの島」は、もう一つの新しい注目でもあるのだ。

1999.10 発売になりました。
このレコードに関する鑑賞は、「最近のポリーニを聞いて」にて
詳しくレポートしています。ぜひそちらもご覧下さい。

ショパン 4つのバラード、前奏曲嬰ハ短調 op.45他
ポリーニがグラモフォンデビューする以前の1960年代に録音されたバラード op.23は、まるでルービンシュタインの演奏のコピーであり、ファンである私は、ポリーニらしからぬ単調な演奏に、すっかり期待を裏切られてしまった。その後1980年代後半だったと思うが、ウィーンで演奏したバラードを聞くと、ポリーニならではの立体的な彫刻と美しい歌にすっかり魅了され、やはりポリーニがいいと、その気持ちを再確認したのである。その後スケルツォ全曲が先にレコードとなり、その演奏が現在の私にとっての究極のショパンとなっているのだが、それからまた十年近くがたち、ここについにバラードの全曲が登場するという。これに関しては、とにかく早く聞きたいとのひとことである。
前奏曲嬰ハ短調も非常に楽しみである。この作品に関しては、かつてのミケランジェリの演奏が圧倒的に素晴らしかった。そしてミケランジェリの後を継ぐポリーニが、ここで一体どういう演奏をするのかというのには、非常に期待が集まり、また楽しみである。他にも何曲か収録されるようだが、なぜ他としたかというと、私はよくわかっていない。ドイツグラモフォンのホームページによる情報を見ると、子守歌がリストされているのだが、みなさんもご存じの通り、子守歌はスケルツォの方にすでに入っているので、もう一度録音をし直すということなのだろうか。詳しくはわからない。

1999.10 発売になりました。
このレコードに関する鑑賞は、「最近のポリーニを聞いて」にて
詳しくレポートしています。ぜひそちらもご覧下さい。

ベートーベン ディアベッリの主題による33の変奏曲
私の大好きな作品である。ポリーニは昨年の日本ツアーでもこの曲をとり上げたし、以前から何度も弾いているようなのだが、放送用テープなどを通しても、私は残念ながら、今のところ全く聞くチャンスがない。ベートーベンの作品は、ポリーニが現在最も積極的にとり組んでいる音楽であり、この時期この作品の録音がなされるのは、ポリーニにとってそうあるべきだろうと思われるし、ファンにとっても、注目すべき録音である。巨大な変奏曲において、ポリーニがいかに迫力に満ちた表現をするか、そしてベートーベンの後期特有の複雑にして精密な構造の音楽に、いかに新しい光を当てるのかに私は関心がある。今年のうちに発売されるとの情報もあり、最も早い時期に聞くことが出来るかもしれないと期待している。

about recent Maurizio Pollini
Deutsche Grammophon

You go to TOP.