群馬県中里村新庁舎設計プロポーザル 2000.8−11 Gunma nakasato-mura

details of concept


concept: site
敷地の川側は、隣接する国道より約半層分(1.5m)低くなっている。この傾斜に合わせ、最下部に駐車場を設置した。国道から駐車場へのアクセスは、敷地斜面による緩やかなスロープである。またそのスロープが建築全体の形態を決定しており、施設内の各空間を結ぶ動線もまたスロープとした。空間が一体化され、村民にとって、役場がより身近な存在、親しみの感じられる施設となるよう配慮した。動線のスロープによって空間全体が構成されており、つまり地形の斜面が建築を造り上げているのである。


concept: level 4
議会関連のスペースは最上階に配置し、独立性を高めている。議会の開かれていない時期に、議場を住民に開放し、講演会やコンサートなどが楽しめる多目的ホールとしての役割も提供した。稼働率が上がり、また将来考えられる行政区の再編成による用途変更にも柔軟に対応できるのである。

concept: level 3
役場事務室はひな壇状の大空間であり、明るく開放的な執務空間を提供している。役場利用者がエントランスホールから内部を眺めたとき、どの課がどこにあるのか、自分の行きたい場所は一目でわかるであろう。また川に面したせせらぎテラスは、中里村の自然を堪能できる場所である。役場利用者だけでなく、誰もが気軽に立ち寄れる、くつろげる空間としたい。朝市や村祭りなど、地域のイベントにも利用されるであろう。

concept: level 2
役場へアクセスするスロープは、地域に開かれた、村民のための交流スペースである。むらづくりの第一歩は、村民自身が自分たちのむらを知り、むらに愛着をもつことからはじまる。ここでは地域の情報を得たり、むらづくりの展示報告が行えるギャラリーを提供する。これからは中里村だけでなく、隣接する地域全体(群馬県奥多野地区)の連携により、情報交流が盛んとなるであろう。中里村において、地域発展の役割を担う核となる場所なのである。休日も村民が自由に集えるオープンスペースとしたい。そのためにも、役場との運営上のゾーニング分けを明確なものとした。

concept: level 1
南北の敷地の高低差を利用した、ピロティー形式の駐車場である。駐車場へアクセスするスロープが、施設全体の空間構成を決めるきっかけとなっており、建築を設計する上で、地形に配慮することは、ここで最も重要なテーマとなったのだ。

: 議会(議場、事務室) : 役場(事務室、会議室、村長室、教育委員会)
: 村民交流スペース(ギャラリー、せせらぎテラス) : 中里村農協
: 駐車場、機械室、倉庫

You go to TOP.